HEVO 新たな解釈のコートを目指して

ジェンテ 特集

Stylying

JK

Hevo(イーヴォ)はイタリアの地図で踵の部分と例えられるプーリア州のマルティナ・フランカを本拠地とする南イタリアのコート・アウター専業ブランドです。Hevo(イーヴォ)はビスポークの品質を現代的なスタイルに融合した新時代のウェアを生み出すことを念頭に2010年に誕生。

豊かな表情を生み出すイタリアらしい染めや加工の技術と、洗練されたフィッティングで時代性を的確に捉え、オーセンティックなライフスタイルのあらゆるシーンを見据えたスタイリッシュでスポーティーなウェアを提供しています。気取りのないシンプルさと華やかさ、トラディショナルウェアの優雅さと現代的な時代性、クラシカルと革新性といった相反する要素をブレンドして新たなハーモニーを生み出したダイナミックなテイラリングが“イーヴォ”の魅力です。ブランド名Hevo(イーヴォ)は進化・発展を意味する “EVOLUTION” と、感性や感情を呼び覚ます “EVOCATION” に由来します。

Hevo(イーヴォ)を展開するGICAテキスタイルグループ社は、現オーナー マウロ・ジャンフラテ氏のファミリーが1950年代より営んでいたテーラーを元オーナーである 父と叔父 がさらに発展させ、1979年に設立されたファクトリーがベースとなっています。 当時はメンズウェアの様々なプライベートレーベルの生産を中心とした事業でしたが、 新たな解釈によるコートを作りたいという息子である、元オーナーの新たな着眼点から2010年に“イーヴォ”が誕生。 父の引退に伴い、2012年より現オーナーに引き継がれ、現在の社名GICA社に変わりました。


ネイビーにボルドーのチェック柄が効いたトレンチコート。

詳細

ナイロン素材の表面に加工を施し、ウールのような質感に仕上げた生地を採用。ボリューム感を抑えた中綿は、機能性中綿として定評のある「THERMORE」(サーモア)を使用し軽さはもちろん保温性もしっかり確保されています。 着丈は動き易さとエレガントさを両立させるニーレングスを採用。 スーツやジャケットスタイルはもちろん、デニムスタイルなどのカジュアルな着こなしまでカバーし、シックで大人っぽいスタイルを作り上げてくれます。

ラグジュアリーなストライプ柄ウールコート

詳細

素材のチョイスに加え、チェンジポケットをつけ、ラペルサイズを大きくすることでブリティッシュ風に仕上げたコート。 ジャケットの上に着ていただくことを想定した、ややゆとりのあるシルエット。 ボリュームのあるタートルセーターとは相性が良くジャケット無しのスタイリングも可能です。
レザーのグローブなどと合わせて大人っぽく着こなしたいコートです。

シャープなグレイ系モノトーンカラーのステンカラ―コート。

詳細

ジャケットの上に着ていただくことを想定した、ややゆとりのあるシルエットとボリュームを抑えた中綿が特徴のコート。 肩廻り、袖周りをややゆったり目に仕上げて、着丈はベーシックな膝上丈の設定。薄めに仕上げた中綿は、機能性中綿として定評のある「THERMORE」(サーモア)を使用し、保温性もしっかり確保しています。 グレンチェック柄をアレンジしたデザインで、スーツスタイルからジャケットスタイルまでカバーし、大人っぽいシックな雰囲気の着こなしを完成させてくれます。

美しい場所で生まれたニット

ジェンテ 特集

Stylying

JK

PANICALE〈パニカーレ〉はペルージャ(ウンブリア)に拠点を置くパニカーレ・ファミリーによる高品質なメイド・イン・イタリーのニットブランド。
ファミリーネームであり、先祖代々受け継がれる地であるウンブリアの小さな村の名前でもあるPANICALE〈パニカーレ〉はギリシア語の「パニカロン」(美しい場所)を語源とし、村は中世の面影を色濃く残しています。 この美しい村から生まれた美しい響きを持つPANICALE〈パニカーレ〉はニットメーカーとしてウンブリアの中で最も由緒あるブランドの1つです。同社はペルージャ(ウンブリア)の郊外に位置します。ウンブリアは世界的にも有名なニットウェアの生産地として古くから知られ、今日でも世界で最も先進的なカシミアニットを生産しています。

1964年に大企業のニットの生産を請け負うために、マリオ・パニカーレが小さな研究室を作ったことがブランドの始まりです。  創造性と研究への情熱を持った同社はその後、ファミリーネームによるブランド、PANICALE〈パニカーレ〉を誕生させ、ビジネスの中核としました。現在は創業者の娘であり、クリエイティブ・ディレクターを兼任するロジータ・パニカーレに経営のバトンは引き継がれています。

今日では従業員数も当時に比べ格段に増えていながらも、PANICALE〈パニカーレ〉の持つ小さな2つの工場ではファミリーカンパニーの特徴を今も色濃く残しています。 1つは新しいコレクションづくりのためプロトタイプやサンプルを作り出すためのラボのような場所、ブランドの根幹であり手作業が中心の温もりあるクリエイティブセンター。 そしてもう1つの工場は、最新の編み機や電子機器を導入した現代のテクノロジーを駆使した編み工場です。

製品は最も先進的なニット織り技術と近代的な最新の機械を用いているにも関わらず、職人の手による温かみが色濃く強調され、ほとんどの製品はハンドメイドのような仕上がりになっています。  PANICALE〈パニカーレ〉は未来に向けた現代性と過去から引き継いだ素晴らしい遺産が高次元で融合することを目標と位置づけ新しいコレクションを作り続けています。


ラグジュアリー感のあるニットジャケット

詳細

やや細身のシルエットを採用し着丈のバランスを短めに設定することで、ボリュームが出がちなニットジャケットを軽快でスッキリとした印象に仕上げました。
明るくウォーム感のあるオフホワイトカラーでリラックス感のある印象に仕上げ、ラグジュアリーで大人っぽいスタイリングを演出してくれます。ワッフル調の編地は立体感を生み出しシンプルなニットジャケットに風合いを与えています。

表情のあるダブルフェイスのタートルセーター

詳細

2色の毛糸を使い表裏でカラーの異なるダブルフェイス仕様に編み上げたセーター。  ベーシックなグレーを表面に、明るいホワイトを裏面に配したダブルフェイスは着用する事で編地が広がるのを利用し、メランジ調に見える様に仕上げています。  素材はシェットランドウールの毛糸を使い、軽くて保温力も充分。  毛糸はミドルゲージですので程良いボリュームでジャケットとの相性も良く、重くなりがちな冬場のコーディネートを明るいカラーでまとめ上げてくれます。

使い勝手の良いヘンリーネックはマルチコーディネートアイテム

詳細

エキストラファインウールにカシミヤを混紡した、軽く、起毛感のある素材を使用。  肌当たりが良くロール加工を施したヘンリーネックは、T-シャツはもちろんドレスシャツとの相性も良く、カジュアルスタイルからジャケットスタイルまで幅広く使える、使い勝手の良いセーターです。

WINTER COAT 冬の街を颯爽と歩…

ジェンテ 特集

Stylying

JK

メンズコートの一般的なイメージと言えば、ステンカラ―コートなどに代表される、「ビジネススタイルの防寒具」というイメージが強いですが、今シーズンはぜひカジュアルスタイルやドレスダウンしたスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

コートの良さと言えば腰まで隠れる保温性はもちろんですが、同時に着丈が長いことで起こる 「揺れる裾」 が生み出すエレガントさ。  映画の中や舞台の中でも、冬の哀愁を漂わせる男性に纏わせるアイテムとして必ず使われるアイテム。最新作の007「SPECTOR」でジェームズ・ボンドが着用しているダブルのウールコートもカッコ良かったですね。  今年のトレンドでもある「ニーレングス」は、膝丈と呼ばれる着丈の長さで、動きやすさとエレガントさを兼ね備え注目を集めています。

タートルセーターに細身のデニムパンツを合わせ、コートを羽織る。 ぜひカジュアルシーンでコートを取り入れたスタイルをお試しください。


シックなカラーのブークレー生地を使ったダブルコート

詳細

上質なウールをベースにモヘア・アルパカを混紡した、ツイード調の生地を使ったダブルのハーフコート。  大柄のヘリンボーンはインパクトがあり存在感抜群。 シンプルなインナーと合わせてコーディネートの軸として使いたいアイテムです。
後のスリットを深く入れ、着丈をやや短く仕上げたこのモデルは、着用したまま運転が出来る “カーコート” と呼ばれるデザインを採用しています。

ラグジュアリー感のあるチョークストライプコート

詳細

圧縮ウールにチョークストライプを施した素材のチョイス、チェンジポケットディテールの採用など、ブリティッシュ風に仕上げたコートです。 ジャケットの上に着ていただくことを想定した、ややゆとりのあるシルエット。 ボリュームのあるタートルセーターとは相性が良く、ジャケット無しのスタイリングも可能です。 レザーのグローブなどと合わせて大人っぽく着こなしたいコートです。

様々なシチュエーションに対応する多機能コート

詳細

「DAVID-TC」と呼ばれるストーンアイランドのエクスクルーシブな生地を使いダウンライニングを付けた、ラグジュアリー感漂うニーレングスコートです。 タートルセーターなどと組み合わせたカジュアルスタイルはもちろん、ジャケットスタイルと合わせる事で個性的なコートスタイルが出来上がります。  ドローコードやスナップボタンで繋がれている着脱可能なダウンライニングを取り外せば秋口からの着用も可能です。 日本製のポリエステル/ナイロンの生地を特殊な環境下で製品染めすることで、コシがあり独特なタッチのな質感に仕上げています。  「アンチドロップフィニッシュ」と呼ばれる加工を施し撥水性も合わせ持ちます。

BROWN 秋を象徴するカラーで

ジェンテ 特集

Stylying

JK

   

草木も色づき土へ帰るこの季節、秋をイメージするカラーと言えばやはりブラウン。

アースカラーという言葉を良く耳にしますが、ブラウンの持つイメージは土であったり、樹木であったり、穀物であったりと、やはり大地をイメージするアイテムが多いかもしれません。

そんなブラウンの持つイメージワードとして良く掲げられるのが 「温もり」 「穏やか」「安らぎ」 「安定」 などなど…。

これって世の女性が男性に求める資質に近いのでは・・・。

そんなカラーの持つイメージを味方につけて、素敵なコーディネートを組むことができれば、普段とはひと味違う一日が送れるかもしれません。


CIRCOLO1901(チルコロ1901)クラシックテイストのチェックジャケット

詳細

ストレッチの効いたスウェット生地で作られたCIRCOLO1901(チルコロ1901)の2Bシングルジャケット。 生地の片面にチェックのプリントを施し、縫製をしてから染めあげる事で深みのある独特な質感とカラーに仕上げています。「シャツ&セーター」や「タートルネックセーター」などとのコンビネーションで、クラシックな雰囲気を演出するジャケットとしてお勧めです。

コーディネートのバリエーションが広がるベスト

詳細

クラシックなハウンドトゥース柄のコットンフランネル生地を使ったGIANNETTO(ジャンネット)のベスト。  ジャケットとシャツのコンビネーションにベストをプラスする事で、コーディネートの幅が更に広がり、様々な組み合わせを楽しむことができます。
ブラウンベースのこのカラーは、同色系のブランウン・ベージュ・ホワイトなどのグラデーションカラーやインディゴカラーとベストマッチ。
普段のジャケットスタイルに追加することでワンランク上のコーディネートへ格上げしてくれます。

雰囲気抜群のロング丈のニットジャケット

詳細

羊毛・アルパカ・ロウシルクを混紡したミックスの毛糸でざっくりと編み上げたCIRCOLO1901(チルコロ1901)のニットジャケット。  カットソーとデニムでラフにまとめたり、タートルネックセーターとウールパンツを合わせてキレイ目にまとめたりと、着回しの効くアイテムです。
襟元はショールカラー、着丈はトレンドのロング丈で仕上げ、大人っぽいスタイルを演出します。

秋の主役 Warm Jacket

ジェンテ 特集

Stylying

JK

   

イタリアのスタイリングと言えばジャケット&パンツ。

異なる素材、異なるカラーのジャケットとパンツを組み合わせ、果てしないコーディネートパターンの中からひとつのアンサーを見つけ出す。

そして快心のコーディネートが作れた時の喜びは、ジグソーパズルを組み上げた時に得る喜びにも近いものがあります。

頭を悩ませながらもイメージを膨らませる楽しいひと時を感じさせてくれるこのスタイルを、洋服好きなイタリア人が好むのも何となく頷けます。

秋はジャケットの季節。

コットンフランネルからジャージやウール、ニットなど、暖かさを感じさせるジャケットを種類豊富に取り揃えました。

ぜひ今シーズンの快心のコーディネートが作れるジャケットを探してみてはいかがでしょうか。


CIRCOLO1901 ラグジュアリー感のあるウールジャケット

詳細

深みのあるネイビーをベースにブラウンのクロスモチーフの小紋柄を配した厚みのあるニットのようなウールジャージー生地を使ったCIRCOLO1901(チルコロ1901)の2Bジャケット。 タートルネックにブルージーンズのスタイルやホワイトパンツなども良く合い、ラグジュアリーでリラックス感のあるコーディネートに最適です。

L.B.M.1911 オントーンのチェックジャケット

詳細

製品染めでダークカラーに仕上げられたオントーンのL.B.M.1911(エルビーエム1911)タータンチェックジャケット。  ベースカラーとチェックカラーが同系色でシックな雰囲気に仕上がっています。ウールパンツからホワイトデニムまで様々なパンツと相性が良く、インパクトのある大柄のデザインながら使い回しの効くジャケットです。
着心地は、ウール素材のもつ自然なストレッチ感があり、柔らかく軽く仕上げられています。

CIRCOLO1901 ブルーラインが利いたウインドーペンチェックのジャケット。

詳細

チルコロならではのストレッチの効いたスウェット生地で作られたCIRCOLO1901(チルコロ1901)の2Bシングルジャケット。ウインドーペンチェックのプリントを施し縫製をしてから染めあげる事で、深みのある独特な質感とシェードの掛かったカラーに仕上げています。クラシックな雰囲気を醸し出すウィンドーペンチェックジャケットは「シャツ&セーター」や「タートルネックセーター」などとのコンビネーションがお奨めです。

素材で選ぶ PANTS VARIATIO…

ジェンテ 特集

Stylying

パンツ

ジェンテデマーレオンラインストアとは

イタリアファッション界でのパンツのトレンドはここ数年タイトシルエットで安定。
そんな中でも各社、生命線となるシルエットに磨きを掛け、ストレッチなどの新素材に取り組み、ブランドのアイコンとなる刺繍やアクセサリーなどでも差別化を図る努力を続けています。
ウールパンツ・コットンパンツ・スウェットパンツ・ジーンズ、そしてカラーバリエーション…。 パンツのチョイスはスタイルによっても様々。タイドアップスタイルからリラックススタイルまでシチュエーションによっても選択肢が広がり、チョイスするアイテムでコーディネートの印象がガラリと変わるのもパンツチョイスの楽しさです。ジェンテ ディ マーレではクラシックなイタリアンスタイルに必要なベーシックなパンツを押さえつつ、進化が目覚ましい「スウェットパンツ」のバリエーションにも力を入れています。
また、ジーンズでは甘くなり過ぎないイギリスの匂いのするアイテムをチョイスしてみました。
様々な組み合わせをイメージしながら秋のコーディネートをお楽しみください。


Santaniello ベーシックなコットンギャバのストレッチパンツ。

詳細

スリムシルエットながらストレッチ性のある素材を使い窮屈感無くスッキリ履いていただけるSANTANIELLO(サンタニエッロ)のパンツです。  ベーシックなベージュのカラーはとりあえず押さえておきたい一本。 ジャケットスタイルやニットスタイルなど、あらゆるアイテムと合わせられ様々なシーンで活躍します。
サンタニエッロのパンツは、こだわりのイタリア生産にもかかわらず優れたコストパフォーマンスも魅力の1つです。

CIRCOLO1901  シルエットが秀逸なスウェットパンツ

詳細

チルコロが独自に開発したストレッチ性が高く、コシのあるスウェット生地を使用したCIRCOLO1901(チルコロ1901)のパンツ。
股上はやや浅く、程良くスリムなシルエットはジャケットを合わせても違和感が無いほどスッキリとしてキレイな仕上がりになっています。ウエストの内側にはドローコード、外側にはベルトループが付き、腰履きのラフなスタイルにもタックインしたキレイめなスタイルにも対応が可能です。

STONE ISLAND ハンドフィニッシュのストレッチジーンズ

詳細

職人が行うハンドトリートメントと20分間のマシンウォッシュでヴィンテージ加工を施しましたSTONE ISLAND(ストーンアイランド)のジーンズ。
腿の付け根や膝裏に入るヒゲ、膝正面のカラー出しなどはシェイパーと呼ばれる職人が1点1点手作業で加工し、それぞれの個体によって異なる仕上がりを実現しています。
「SLIM FIT」シルエットなので股上はやや浅め、スッキリとしたラインで、大人っぽいスタイリングにとても良く合うジーンズです。 ストレッチの入った素材で履き心地も抜群です。

小物で遊び、季節を先き取る アクセサリー…

ジェンテ 特集

Stylying

アクセサリー

ジェンテデマーレオンラインストアとは

お洒落を楽しむイタリア人は小物遊びがうまく、スタイルの味付けに様々なアクセサリーを上手に取り入れます。シンプルなスタイルも小物選びでメリハリを出せば、装いの印象がガラッと変わるのが不思議です。
ジェンテディマーレでは季節を先取りするアクセサリーや雑貨を取り揃え、秋のコーディネートに活躍するアイテムをご提案いたします。


ブルーグラデーションがキレイなウォレットチェーン。

詳細

シルバーカラーに仕上げた真鍮とブルーのマーブルカラーがキレイな「ソーダライトストーン」のコンビネーション で仕上げたウォレットチェーン。シックなカラーリングで大人っぽいテイストに仕上げています。

ウォレット無しで、ベルト周りのアクセサリーとして使われることが多く、デニムはもちろん、キレイめなウールパンツと合わせることでクラシックなコーディネートに「遊び」を取り入れたイタリアらしいスタイリングが完成します。

コーディネートの主役になれるトートバッグ。

詳細

シンプルなスタイリングにインパクトを与え、コーディネートの肝に成りえるカモフラージュ柄トートバッグ。
トップ部分にジッパーが付いたトートバックモデルは、使い勝手の良いデイリーユースサイズに仕上がっています。

パーツ類には上質なカーフレザーを使用し、ボディーの生地はイギリスの老舗ファブリックメーカー「Millerain」の、丈夫で撥水性の高い生地をチョイス、カモフラージュ柄をプリントした素材を使用しています。インナーにはオフホワイトのコットンキャンバスを張り、バッグ内の視認性を高め、両サイドにはポケットを配置しています。

イタリアで長年愛されているボンファンティーのバッグは、全て職人によるハンドメイドで生産された「メイドインイタリー」のバッグです。

プランツモチーフのパンチングが効いている個性派ベルト。

詳細

叩きだしで成形したような、シルバーカラーに仕上げて真鍮のバックルと紋章を思わせるようなプランツモチーフのパンチングレザーで個性を出しながら、スッキリとした細身に仕上げる事でデニムスタイルはもちろん、ウールパンツにも似合うベルトです。

パンチングに通したカラーステッチがアクセントとなり、より「遊び」の効いたファッション感度の高いベルトに仕上がっています。パオロビターレのベルトは全て「メイドインイタリー」。職人によるハンドメイドで作られています。

スタイリングにおける王道、 ネイビー特集

ジェンテ 特集

Stylying

スタイリングにおける王道、 ネイビー特集

スタイリングにおける王道、 ネイビー特集

ネイビーはオン・オフ問わずスタイリングにおける王道。そしてメンズファッションでイタリアンベーシックを突き詰めれば必ずネイビーに行きつくと言われています。ネイビーの持つイメージは、爽やかさ、清潔感、若々しさ、凛々しさ、誠実さ、都会的…。トレンドに左右されない色であり、さまざまなカラーとの相性が良く、ワードローブには欠かせないマストカラー。
ジェンテ ディ マーレでは、イタリア人がこよなく愛する「ネイビー」を、リラックス感のある上品なアイテムでご提案します。


深みのあるネイビーカラーのダブルジャケット。

詳細

バスケット風の立体的な生地を使ったジャケットに製品染めを施すことで各部に染料の濃淡が現われ、キレイなブルーグラデーションを表現しています。柔らかなメランジウールフランネルを使用し、生地の持つ自然な伸縮性を最大限に活かすことで、ストレッチ素材を使うことなく軽く柔らかな着心地を実現しています。

素材感のあるジャケットは程良いカジュアル感も出て、ダブルブレスト初心者にもお勧めのジャケットです。

定番のオックスフォードシャツ。

詳細

ノータイでカジュアルに着るのはもちろん、カジュアルなニットタイやウールタイと合わせたタイドアップもお勧めです。イタリアンブランドらしい深みのあるネイビーは、マザーオブパールの光沢感のある白いボタンや、南イタリアの象徴でもある太陽のエンブレムが良く映えます。

シルエットは日本人の体型に合わせて袖丈がアジャストされており、スリムフィットですが、細くなり過ぎないようにノーダーツ仕上げにしています。

カジュアルに履きたいブルーデニム。

詳細

13ozのブルーデニムをワンウォッシュしたジーンズ。

生のブルージーンズを30分間マシンウォッシュしただけのデニム本来の持つインディゴブルーを楽しめる加工を施しています。シルエットは「REGULAR TAPERED」を採用。腰回りから腿、股上などに掛け、ややゆったりと仕上げ、裾口へ向けてテーパード(細く)させているモデルです。

細すぎず、太すぎないこのモデルはブルゾンスタイルなど、リラックスしたカジュアルコーディネートとの相性が良く、裾口をロールアップして合わせたいジーンズです。

クラシカルジャケットの革命、 チルコロ1…

ジェンテ 特集

Stylying

チルコロ1901

クラシカルジャケットの革命、チルコロ1901

リラックスウェアとドレスウェアの融合でクラシカルなジャケットに新風を吹き込んだ革命的なブランドが
“CIRCOLO 1901”。本来はスポーティーでカジュアルな印象の強い“スウェットジャージー”素材を、その独特な加工法で滑らかで上質な肌触りへと格上げし、イタリアに根付くテイラリングの確かな技術で仕立て、程良くドレス感が保たれたユニークなジャケットは世界中の目利きバイヤーをも唸らせています。
伸縮性が高くストレスフリーな着心地と、しっかりとしたドレス感も表現できる“チルコロ1901”のジャケットは1度袖を通せば手放せなくなることでしょう。


タートルセーターを合わせたいクラシックなテイストのチェックジャケット。

詳細

ストレッチの効いたスウェット生地で作られた2Bシングルジャケット。

生地の片面にチェックのプリントを施し、縫製をしてから染めあげる事で深みのある独特な質感とカラーに仕上げています。「シャツ&セーター」や「タートルネックセーター」などとのコンビネーションで、クラシックな雰囲気を演出するジャケットとしてお勧めです。

オールマイティーなインディゴ染めジャケット。

詳細

ストレッチの効いたスウェット生地で作られた2Bシングルジャケット。
インディゴ染めとウォッシュ加工を施し深みのある独特な質感とカラーに仕上げています。

インナーでは「Tシャツ」から「ドレスシャツ」、「タートルネックセーター」など、ボトムも「コットン」「ウール」「デニム」など、様々なアイテムと相性の良いインディゴカラ―。様々なアイテムと組み合わせてシーズンレスで使えるマルチジャケットです。

素材感が冴えるタートルネックセーター。

詳細

2色の糸で鹿の子編みに仕上げ、立体的な質感を演出したハイゲージタートルネックセーター。

レッドとネイビーの組み合わせは落ち着いたカラーの中にも独特なカラーコントラスト生み出し、印象的な風合いに仕上がっています。