STYLING-商品紹介ブロック追加-D…

快適スリーピース

快適スリーピース

2019/07/16

STYLE-90

テキスト

テキスト
テキスト

テキスト

テキスト
テキスト

テキスト

テキスト
テキスト

テキスト

テキスト
テキスト

Styling


CIRCOLO 1901〈チルコロ1901〉ジャケット

STORE NOW



CIRCOLO 1901〈チルコロ1901〉ジャケット

¥69,300(tax in)


CIRCOLO 1901〈チルコロ1901〉ジャケット

STORE NOW



CIRCOLO 1901〈チルコロ1901〉ジャケット

¥69,300(tax in)


CIRCOLO 1901〈チルコロ1901〉ジャケット

STORE NOW



CIRCOLO 1901〈チルコロ1901〉ジャケット

¥69,300(tax in)

STYLE-00 タイトル(demo)

ジェンテ スタイル90_GIANNETTO(ジャンネット)の3ピースセットアップ

GIANNETTO FILIPPO DE LAURENTIIS BRIGLIA 1949

2019/07/16

STYLE-90

”快適と上品のあいだ” をかいくぐる季節の王道、シアサッカー

暑くなるにつれ、着衣の数は減らしたくなるもの。年を追うごとに亜熱帯化を感じる日本ならなおのこと。一方で、肌の露出が増えると、今度は品格との戦いが待っている。脱げば涼しいかもしれないが、裸になるわけにもいかない。哲学者鷲田清一は、著書『悲鳴をあげる身体』において「ひとは楽な服がいいと言いながら、実際のところは、着ているか着ていないかわからないようなゆるゆるの服では不満である」として、「締め付けたり囲ったり」することが、自らの像を補強するものだと述べている。つまり、自己のアイデンティティを補強する点に、服の大きな役割があるということだろう。暑いと言って、着ていないかのような服を着たいわけではない。
だからこそか、我々はあの手この手で、暑いのに涼しげに着ることに骨を砕いている。そういう意味で、やはりクラシックの王道はうまくできている。代表の素材がシアサッカーだ。平織りとしぼが交互に配置されるストライプ柄。特に、ジャケット、パンツ、シャツあたりが主たる使用範囲であり、品の良さも漂うものだ。
ここに掲げるGIANNETTO<ジャンネット>のジャケットは、使い勝手のいい一着だ。イタリアのシャツブランドが、そのノウハウでジャケットに落とし込んだ一枚は、薄手の一枚仕立てで、シャツを羽織るような軽さが感じられるものだ。FILIPPO DE LAURENTIIS<フィリッポ デ ローレンティス>のネイビーTをインすれば、シックななかにもカジュアルな装いに。仕上げは、目がさめるように鮮やかな白パン。これは、BRIGLIA 1949<ブリリア 1949>の一本で、ストレッチが効いている点で、見た目だけでない快適さを提供してくれるものだ。
このライトジャケットに、Tシャツ&コットンパンツを合わせたお馴染みのトラッド感は、何よりもフレンドリーだ。クラシック至上主義者なら、ジャケットのインナーにTシャツは選ばないかもしれないが、今なら問題ない。そして結果的に、クラシカルなシアサッカー素材の「涼感」という記号性に、シックなネイビーと爽やかな白が重なって、上品さは高まっているのだ。
「上品でありたい」という自己アイデンティティーをキープしながら、夏の涼感を獲得する。往年のアラン・ドロンあたりにトライしてみてほしい気もする。

軽く羽織れる王道配色のシアサッカージャケット

シャツ作りがブランドの出自であったGIANNETTO<ジャンネット>による、ライトなシアサッカージャケット。王道である白×サックスのストライプながら、ピッチがやや広めである点に遊び心が感じられる。また、袖口は、ボタンおよび切羽なし。気軽にターンナップしたり、くしゃくしゃに捲り上げたりと、変化をつけて楽しむこともできる。

質の高い無地Tシャツをいかに着るかが大人の手腕

上質なTシャツであるほど、ジャケットと合わせた時の品格は高まっていく。その意味で、FILIPPO DE LAURENTIIS<フィリッポ デ ローレンティス>は適役。「クレープ ジョーゼット」と呼ばれる強撚のコットン糸により、通気性が高いうえに、シャリ感のある素材感で、ドライな着心地が得られるのだ。シアサッカーのシボの陰影とも相性のいい、マットな表情もVゾーンに奥行きを与える。トップスはこれ一枚でも精悍な佇まいに。

スニーカーではなく、スエードローファーで格上げ

BRGLIA 1949<ブリリア1949>のコットンパンツは、ポリウレタン3%を混紡した高いストレッチ性も魅力。パンツ専業ブランドらしく、培われたシルエットの満足感以上のものを与えてくれる。足元に合わせたのは、ANDREA VENTURA<アンドレア ヴェントゥーラ>のスエードローファー。ソールがぐにゃりと曲がるほどに、軽くて足なじみのいい一足は、靴であることを忘れさせるほどの快適さ。