2020/07/28(火)

FEATURE 2019 AUTUMN_WINTER NEW COLLECTION, CIRCOLO1901

GIANNETTO(ジャンネット)クラシックとモダンが融合したイタリアンシャツ

  

1979年にプーリア州・アンドリアの地で、現社長でもあるリカルド・サンソーネ氏が妻と共にカミチェリア・サンフォート社を創業。
着心地の良い上質なハンドメイドのシャツを自分たちの手で創ろうと僅か5人の従業員と共にスタートしました。
同社は創業以来、順調に成長を続け、南イタリアの堅実なシャツブランドとしてヨーロッパ各国やアメリカに販路を拡大していきます。
現在は二代目となる息子と娘がデザインを手がけながらも、基本的な経営姿勢は変わらない イタリア特有のファミリー企業です。 現在でも本社・工場は南イタリアのアンドリアにあり、生産のすべてをその自社工場で行っています。
家族がお互いを助け合い一家の情熱を注ぎ込んで1枚1枚のシャツを丁寧な手作業で生み続けています。
そしてGIANNETTO(ジャンネット)は同社が2008年から展開する、南イタリアの明るさと海岸リゾートをイメージした新鋭シャツブランド。
デザインは2代目のヴィンチェンツォ・サンソーネ氏が手掛け、ブスト・キューソ(袖を後付けにする立体感のある仕立て)やザンパテ・グリアート(鳥の足)と呼ばれるボタンの縫い付けをはじめとするイタリアンシャツの伝統技術をベースにしながらも、照り付ける太陽や潮風、陽気さなど南イタリアの港町らしさを表現した、ソフトでナチュラル感のあるシャツコレクションです。
現在はジャケットやジレ、イージーパンツなども手掛けラインナップを拡張。
毎シーズン更新される新しいコレクションは厳しいイタリアのマーケットでも高い評価を受けています。

一枚のシャツに家族の情熱を注ぎ込むファミリーカンパニーが生み出す
イタリアンシャツ

1979年、南イタリアのプーリア州アンドリアの街でスタートした「カミチェリア・サンフォート社」。「サンフォート」のブランド名の元、イタリアンシャツの伝統技術を踏襲しながら堅実なイタリアンシャツメーカーとして着実に実績を重ねていきます。 その後サンフォートはイタリアは元より、ヨーロッパの各国やアメリカにまで販路を広げ順調に成長を遂げていきます。

クラシックとモダンが融合するブランドGIANNETTO(ジャンネット)の誕生

2008年、2代目のヴィンチェンツォ・サンソーネ氏がデザイナーを務めスタートした新しいシャツブランド GIANNETTO(ジャンネット)。 イタリアンシャツの伝統技術をベースにしながらも、照り付ける太陽や潮風、陽気さなど南イタリアの港町らしさを表現した、ソフトでナチュラル感のあるシャツコレクションです。

ハンドの行程も織り交ぜながらデザイン性だけではない着心地の良さを追究

ブスト・キューソ(袖を後付けにする立体感のある仕立て)やザンパテ・グリアート(鳥の足)と呼ばれるボタンの縫い付けをはじめとするイタリアンシャツの伝統技術をベースに作られるシャツは、シルエットやデザインなどに手を加えながらも長年堅実なシャツメーカーとして培ったノウハウが活かされ、ファッション性と着心地の良さが高次元で共存するシャツに仕上がっています。

定番の「スリムフィット」シルエットはドレス使いからカジュアルまで
カバーできるマルチアイテム

「スリムフィット」と呼ばれるシルエットを採用したモデルはやや細身で程良いフィット感のある仕上がり。 着丈はインタックでもアウトタックでも対応できる絶妙な長さに設定されています。  デニムと合わせるカジュアルな着こなしからタイドアップしたジャケットスタイルまで対応できる、ベーシックなシルエットで振り幅の広いシャツに仕上がっています。

デザイナーの名を冠した「ヴィンチフィット」はデザイナーお気に入りのフィットをそのまま商品化したデザイン

デザイナーのショートネームを使った「ヴィンチフィット」は、定番のスリムフィットシルエットをベースに、裾を出して着る事を前提に着丈も短く設定した、春夏の着こなしに最適なカジュアルスタイルのシャツ。 アウトしてラフに着こなすことで雰囲気の良いコーディネートを作る事が出来ます。

  • GIANNETTOの商品カテゴリーページはコチラ
  • FEATURE の記事一覧はコチラ
  • 記事カテゴリー 特集

    Search by Category

    Search by Brands