2019/09/11(水)

STYLE91 JACKET STYLE_LBM1911(エルビーエム1911)のジャケット

LBM1911 GIANNETTO BRIGLIA 1949

2019/09/11

JACKET STYLE

オンもオフも凌駕する「ジャケット国民」の万能スタイル

 

夏が終わりを迎え、いよいよジャケットが楽しい季節が到来。1990年末からのクラシコ・イタリアブーム、そして2005年のクール・ビズなどを経て、ジャケット姿が格好いい日本のビジネスマンを多く見かけるようになった。
制服であるスーツがビジネスの主役。ジャケットはゴルフのお供、程度だった時代を思えば、隔世の感が拭えない。そして、いつしかジャケット姿は、平日のみならず休日の定番にもなっていったのだから、日本人男性のお洒落化には驚かされる。
かつてファッション評論家・馬場啓一氏が、2000年初版の自著『こんな男になりたい』において、「ジャケット国民と背広国民」があるとし、イタリア人やフランス人をジャケット国民、日本人や英国人を背広国民で、米国人はその半々、と分類する慧眼を見せたが、今やその様相は大きく変わったように思える。少なくとも、スーツ離れが叫ばれて久しい日本においては、徐々に「ジャケット国民」化してはいまいだろうか。
そう考えると、ジャケットの使い勝手、汎用性が求められるのは必然ってこと。オンでもオフでも着たいのは、着心地がいいジャケットというのは、今や「ジャケット国民」となった日本の諸兄ならば、当然の回答のように思う。
L.B.M.1911<エルビーエム1911>のジャケットは、まさにそうした代表格。イタリアの名門ファクトリーが作るパターンの良さはもちろんのこと、アクリル・ウール・ポリエステルを三者混としたホップサック生地は、温かみがあるのに軽量感がある仕上がり。
ジャケット上手にとっては、はき慣れたコットンパンツでさらりとやり過ごしたいところ。BRIGLIA1949<ブリリア1949>のワンタックパンツならば、時代感を漂わせることができるために適役となるだろう。GIANNETTO<ジャンネット>のシャンブレーシャツとEREDI CHIARINI<エレディ キャリーニ>のウールタイならば、オンもオフも自在に往来できる、万能なスタイルとなるはず。これを、ベーシックなプレーントウでまとめあげれば、日本人が得意とするアメリカントラッドな出で立ちに。
馬場氏がジャケットと背広の割合を「半々」としたアメリカ風のコーディネイトは、背広国民からジャケット国民に移行した「日本」らしい「ミクスチャースタイル」と呼んでも差し支えないだろう。

ニュアンスカラーの軽量ジャケットを巧みに

ジャケットの仕立てに定評のある老舗、ルビアム社が手がけるL.B.M.1911<エルビーエム1911>の混紡素材の一枚。ネイビーとブラウンをミックスしたことによる独特な表情は、大人のニュアンスカラーとして着こなしに奥行きを与えてくれる。

ニュアンスを生かしつつメリハリをつけるV ゾーンに

Vゾーンに選んだのは、GIANNETTO<ジャンネット>のシャンブレーシャツとEREDI CHIARINI<エレディ キャリーニ>のボルドータイ。ジャケットの素材感に合わせつつ、同様のニュアンスカラーながら、赤みを加えてアクセントとするあたりに、Vゾーンにメリハリをつけるコツがありそうだ。カジュアルなシャツの雰囲気を考慮すれば、オンでもオフでも使えるものだろう。

ジャケパンに奥行きを与えるボトムス使い

ボトムスは時代性を映し出す鏡。ジャケットおよびVゾーンだけではダメで。パンツと靴をまとめ上げなければならない。そこでパンツ専業ブランドのBRIGLIA1949<ブリリア1949>は、頼りになる存在。ワンタックが入ることで、テーパードのかかったコットンパンツは、独自のブラウンカラーでジャケットとタイをつないでくれる。足元に選んだOFFICINE CREATIVE<オフィチーネ クリエイティブ>のプレーントウも、塗りムラのある表面加工により、単なるブラウンよりも味わいを深くしてくれる。

記事カテゴリー スタイリング

Search by Category

Search by Brands

  • チルコロ1901
  • ジャンネット
  • エルビーエム
  • イーヴォ
  • フィリッポローレンティス
  • ブリリア
  • デュノ
  • デラン
  • デラン
  • ヴィーコレクティブ
  • PM
  • エレディキャリーに
  • オーガニックベーシックス
  • オフィチーネ
  • ペルソール