2018/06/22(金)

ジェンテ スタイル69 2018SS SPRING_SUMMER CIRCOLO1901(チルコロ1901)ニットTシャツとGIANNETTO(ジャンネット)イージーパンツのコーディネート_リスト画像

ジェンテ スタイル69 2018SS SPRING_SUMMER CIRCOLO1901(チルコロ1901)ニットTシャツとGIANNETTO(ジャンネット)イージーパンツのコーディネート

ジェンテ スタイル69 2018SS SPRING_SUMMER CIRCOLO1901(チルコロ1901)ニットTシャツとGIANNETTO(ジャンネット)イージーパンツのコーディネート_メイン画像

STYLE-69

COOL COLOUR STYLE

夏にこそチョイスしたい涼感を演出する意外な定番カラー

突然の話だが、近年、クリエイティビティを大事にする企業に、決まった自席がなくて、思い思いの場所で仕事ができるシステムを採用しているのを見かけることが多々ある。 固定観念、凝り固まった頭というのが、いかに自由な発想に悪影響かを示す好例ということなんだろう。
って何の話?
そう夏の色の話。 涼しげに、そして上品に夏を過ごしたいなら、当然、カラーコーデに気を配るべし。 なのだが、実際、涼しげな色に思いを致すと、いの一番にブルー、ネイビー、白、などの清涼感、爽快感のある系統が候補に上がるだろう。 それはそれで悪くない。 ただ、街中を見るにつけ、その手の色使いは、まぁ、ごまんと見るわけで。 皆、考えることは一緒。 これが固定観念ってこと。
それを崩すとなるときに、参考にしたいのが、自然界の色。 いわゆるアースカラーだ。 なかでも、非常に使えるのが、アイスグレー。 言ってみれば日陰の色。 その涼しげな印象はこのコーデを見れば、明らかだよね。 このように明度が高い色は、白の混率が高いということで、穏やかなニュアンスももたらしてくれるのだ。
相棒としては、砂浜の色=サンドベージュとも相性がよく、夏の気分も楽しめる。 また、腰に巻いたシャツやバッグのように、白を挟むといっそう涼感が際立つってもの。
一方で、こうしたニュアンスカラーは、素材感の良し悪しが非常に出やすい。 だからこそ、上質なブランドを選んで欲しいのだ。
トップスは、CIRCOLO1901<チルコロ1901>の鹿の子編みTシャツ。テキスタイルメイクを得意としており、コットン×リネンの肌触りは最高。 同ブランドのリラックスパンツは、プリントのスウェット生地に奥深い表情が感じられる。
また、ANDREA VENTURA<アンドレアヴェントゥーラ>のノーファーに使われるスエードは、キメ細やかで非常に柔らか。全体の優しく涼やかなトーンをいっそうプレミアムなものに仕上げてくれるってもの。
ちょっと目先を変えることで、凝り固まった考えを解きほぐす。 そこに生まれるリラックスした表情は、着こなしをよりよく見せるスパイスとなってくれるに違いないね。

バッグが着こなしのアクセントにもってこいという証

  • ジェンテ スタイル69 2018SS SPRING_SUMMER CIRCOLO1901(チルコロ1901)ニットTシャツとGIANNETTO(ジャンネット)イージーパンツのコーディネート_サブ画像1

アイスグレーのコーデに、ベージュと白のボーダーがアクセントとなる、BONFANTI<ボンファンティ>のキャンバスバッグ。 ハンドルとトリミングには、上質なナチュラルレザーがあしらわれ、大人のバッグとしての魅力も存分に醸される。 入れ口のマチには、スナップボタンがついているので、留めておけば、だらしなく口が開くこともない。 容量も大きく、なんでも突っ込める気軽な一品。

名門のサングラスは、夏の大人のアクセント

  • ジェンテ スタイル69 2018SS SPRING_SUMMER CIRCOLO1901(チルコロ1901)ニットTシャツとGIANNETTO(ジャンネット)イージーパンツのコーディネート_サブ画像2

アクセサリーが少ない季節こそ、日差しから目を守るサングラスという道具が、装いにも効果を発揮。PERSOL<ペルソール>のウェリントンタイプ。 ブラックのアセテート素材にグリーンのレンズが、男らしく着こなしを彩ってくれる。かつては、スティーブ・マックイーン、現代では、ジョージ・クルーニーやトム・クルーズなどを筆頭に数々のセレブリティから愛されるのは、その佇まいゆえ。CILRCOLO1901<チルコロ1901>のコットンリネンの鹿の子Tシャツの優しさを引き締めてくれるのだ。

CIRCOLO1901<チルコロ1901>のパンツに隠されたキモ

  • ジェンテ スタイル69 2018SS SPRING_SUMMER CIRCOLO1901(チルコロ1901)ニットTシャツとGIANNETTO(ジャンネット)イージーパンツのコーディネート_サブ画像3

トップスのグレーと調和するクラシカルなツイード調の柄は、実はプリントで表現。CIRCOLO1901<チルコロ1901>が得意とする遊び心がキラリ。 素材は、ストレッチの効いたコットンスウェットで、キメが細かく肌触りがいいのもうれしい。 ノータックだが、テーパードされた美しいシルエットもグレーで統一したともすると、平坦となるコーデに都会的なスタイリッシュさをもたらしてくれている。また、ANDREA VENTURA<アンドレア ヴェントゥーラ>のスエードローファーは、薄くて上質な革を使っており、見た目の気品とともに、履き心地の良さも提供している。

記事カテゴリー スタイリング

COPYRIGHT (c) TOYODA TRADING co.ltd.