2018/05/11(金)

ジェンテ スタイル66 2018SS SPRING_SUMMER L.B.M.1911(エルビーエム1911)カジュアルセットアップスタイル_リスト画像

ジェンテ スタイル66 2018SS SPRING_SUMMER L.B.M.1911(エルビーエム1911)カジュアルセットアップスタイル

ジェンテ スタイル66 2018SS SPRING_SUMMER L.B.M.1911(エルビーエム1911)カジュアルセットアップスタイル_メイン画像

STYLE-66

TRAVEL STYLE

旅にスリーピースセットアップが欠かせないワケ

旅の服装について考えてみたい。 まず、空港ないしは、ターミナル駅、港でもいい。 そこでは、これから始まる非日常に思いを馳せ、開放感といくばくかの高揚感を抱いている。 このときリラックスしたい気持ちはあっても、部屋着に近いようなワンマイルウェアでは公共の場においてルーズ感が強く出すぎてしまう。 とはいえ、旅気分を削ぐようなお堅い佇まいは極力排除したいからね。
もちろん、これらの条件に当てはまる服装はいくらでもあるが、頼りになるのはストレッチの効いたカジュアルなジャケット&パンツからなる揃いのスタイル。 セットアップと呼ばれ、ここ数年でかなり市民権を獲得している存在だ。 大きな理由は、上下のコーディネイトを考えなくても、インナーさえ決めればOKという、“ワンツーコーディネイト” が実現し、気分的にも楽ちん。 まさに昨今主流の「エフォートレス」代表選手ってことになる。 そう、楽してキマるってやつだ。 これは、ハリウッドセレブやイタリアの伊達男たちの多くが実践しているもので、ぜひ見習いたいところ。
そうしたセットアップスタイルが台頭する時代にあって、新鮮味を加えたくなるのが人情ってもの。 そこに加えるべき新たなファクターが、カラーのチョイスとアイテムのトッピングだ。
L.B.M.1911<エルビーエム1911>のスーツなら、間違いがない。 まず、スーツ自体は、軽やかな一枚仕立てのジャケット、ならびに、細身ながら腰回りにゆとりを持たせたテーパードのパンツ。 そして、ストレッチが効いているということで、満点のリラックス感が堪能できる。
カラーリングについては、薄いオリーブグリーンを押したい。 新鮮であることはもちろん、ネイビー、グレー、ベージュといった基本色では、ともするとビジネスライクに映る。それはそれで間違いがないが、こと 旅の気分=開放感 を考慮すると、よりカジュアルで明るく華やいだこの色は最適。カジュアルのミリタリーアイテムで親しんだ色だけに、これを上品な揃い服で取り入れる点は遊び心にもなる。
そして、同素材のジレを展開している点も注目だ。 これをトッピングしてスリーピースとすれば、新鮮さがアップ。 上着を脱いでもだらしなさは皆無のうえ、洒落て見えるんだからね。 もちろん、旅先で単品使いすることで、コーデの幅も広がる。そう思えば、パッキングを多少なりとも軽くしたい旅においてもかなりいい。 なるほど旅慣れた人が、セットアップを好むのもよくわかるよね。
一見、高度に見えるけれど、手に入れてしまえば使い勝手抜群となる、旅のスリーピースセットアップ。 試さない手はなさそうだ。

後染めが美しいL.B.M.1911<エルビーエム1911>のスーツとジレ

  • ジェンテ スタイル66 2018SS SPRING_SUMMER L.B.M.1911(エルビーエム1911)カジュアルセットアップスタイル_サブ画像1

スリーピースというと堅苦しく感じるかもしれないが、そこはご安心を。 創業100年を超えるイタリアの名門ファクトリーが、ストレッチの効いたコットンギャバジンを、蓄積されたノウハウに基づいたパターニングで着心地良く仕立てている。 そして、製品染めがなされた味わい深いオリーブグリーンの色目も美しいうえ、ステッチ周辺に見える落ち感の濃淡が表情を与え、3つ揃いでも悪目立ちしない。 ジャケットの袖口が本切羽なので、軽い腕まくりも可能だ。

品が良く、使えるジレという存在

  • ジェンテ スタイル66 2018SS SPRING_SUMMER L.B.M.1911(エルビーエム1911)カジュアルセットアップスタイル_サブ画像2

L.B.M.1911<エルビーエム1911>のスーツにセットアップ可能な共布のジレは心強い味方。上着を脱いでも決まるので、インナーはTシャツのみでOK。ここでは、CIRCOLO1901<チルコロ1901>のヘンリーネックを使用。Vゾーンに表情をもたらし、ワークな雰囲気も生まれる。ジレ自体は、オッドベストのようにほかのジャケットに差し色としてインしてもよし、あるいは、デニムとTシャツなどに軽く羽織ってもよし。積極的に取り入れたていきたい。

色と質感を揃えて、小物使いも抜かりなく

  • ジェンテ スタイル66 2018SS SPRING_SUMMER L.B.M.1911(エルビーエム1911)カジュアルセットアップスタイル_サブ画像3

細身をキープしながら、腰回りにゆとりがありつつ、裾に向かってテーパードする現代的なシルエットのパンツ。 ウエストには、PAOLO VITALE<パオロ ヴィターレ>のベルト、足元には、ANDREA VENTURA<アンドレア ヴェントゥーラ>のローファー。 革小物類をベージュのスエードとすることで、春らしい優しげな印象が加わる。特にローファーは、柔軟な作りで履き心地もよく、楽してキメたい旅のスタイルにマッチ。

記事カテゴリー スタイリング

COPYRIGHT (c) TOYODA TRADING co.ltd.