2018/04/12(木)

ジェンテ スタイル64 2018SS SPRING CHECK SHIRT GIANNETTO(ジャンネット)リスト画像

ジェンテ スタイル64 2018SS SPRING CHECK SHIRT GIANNETTO(ジャンネット)

ジェンテ スタイル64 2018SS SPRING CHECK SHIRT GIANNETTO(ジャンネット)

STYLE-64

RELAX SHIRT STYLE

色使い&着こなしで見せる大柄チェックの可能性

シャツってやっぱり便利。 襟があるおかげで折り目正しく見せることもできるし、一方で、一枚さらりと羽織れば、風をはらませたリラックス感も出せる。 今さらながら万能なアイテムだよね。 春を迎え、気温が上がり出すこの季節こそ、シャツのリラックス感に注目したい。 さすがにTシャツやカットソー一枚ではすまない休日の場合は、シャツ一枚あるだけでリラックスした装いが、グッと引き締まるってものだから。
そこで、一枚羽織るシャツに推奨したいのが、チェックシャツ。 柄が入るおかげでコーデの主役を張るのに十分な存在感があるのが第一。 そして、トラッドが服装のベースにある日本男子にとっては、親近感がありすぎる柄ゆえに、肩肘張ることなく着られるってわけ。 ただ、誰しもが着る柄だけに、選びと着こなしでちょっとした “違い” を演出したいところ。 下手をすると、野暮ったく見えてしまうからだ。
まずは、チェックシャツの選び方。 存在感とトレンドという二つの観点から大柄のものを推したい。 ここでは、昔取った杵柄ということでは、90年代初頭の渋カジを彷彿させる「マドラス風」の明るい色みをチョイス。 馴染みある柄ゆえ体がすんなり受け入れてくれるはずだ。 また、配色自体のセンスも大事で、サックスとブルーからなるチェックは、まるで南国の太陽と青空、海を思わせる自然なもの。 羽織るだけでも気分が上がるってもんだよね。
そして、もう一点シャツ選びに重要なのは仕立てだ。 素材の上質さやフィットの快適さが、柄物でも十分に大人らしい雰囲気を与えてくれている。
この条件を満たすのが、GIANNETTO<ジャンネット>の一枚。 申し分ないイタリアのカミチェリアが作るエレガントなパターンと、タックアウトしてもキマる丈感もいい。
さて、肝心の着こなしはといえば、柄に入るのと同系統の色をインナーで拾うこと。これが鉄則。 それでもって下半身を定番色でまとめれば、シャツの挿し色効果が発揮されるのだ。 そう、写真のようなBRIGLIA<ブリリア>のコットンパンツと DIADORA<ディアドラ>のスニーカーの組み合わせのように。 ここでは、ライトグレーをベースとした定番カラーで、シャツを際立たせる額縁のような役割を果たしている。 ペールトーンでまとめつつも、中に着たCIRCOLO1901<チルコロ1901>のニットソーのネイビーは、全体のライトな雰囲気をシャープに見せてくれるってわけ。
着慣れたアイテムなのに見違えるほど新鮮になるチェック使い。休日のシャツスタイルがいっそう楽しいものとなるはずだ。

ブルー系にまとめた上半身にも装いのエッセンスがぎっしり

  • ジェンテ スタイル64 2018SS SPRING CHECK SHIRT GIANNETTO(ジャンネット)

GIANNETTO<ジャンネット>のシャツは、発色も仕立ても素晴らしく、大人のチェックシャツとして推奨したい逸品。全体の淡い色みは、何度もウォッシュをかけて落としたという背景も日本人好み。また、ヴィンチフィットと呼ばれる、背面に2本ダーツを取ったスタイルは、ジャケットに合わせたり、パンツにインするのにも有用だ。写真のようにフロントの合わせを留めると、より美しいシルエットが強調される。中に着たCIRCOLO1901<チルコロ1901>のニットソーは、独自の織り柄がポイント。無地ながらも装いに抜けを産んでくれるのだ。

シルエットとニュアンスカラーで洒落感をアップ

  • ジェンテ スタイル64 2018SS SPRING CHECK SHIRT GIANNETTO(ジャンネット)サブ画像2

チェックシャツ&コットンパンツというアメカジの王道スタイルも、パンツのスタイル次第でガラリと洗練されて見えるもの。イタリアのパンツ専業ブランド、BRIGLIA<ブリリア>の一本が、まさにそうで、緩めの腰回りからテーパードする美しいシルエットは、装いの印象をアップしてくれるものだ。グレーにやや黄味がかったライトなトープカラーも上品さに拍車をかける。また、さりげなく腕元に着けているPAOLO VITALE<パオロ ヴィターレ>のブレスレットもブルー系を選び、上半身のカラーパレットに合わせている。

スニーカーの色みまで、ボトムスに合わせて選ぶのが吉

  • ジェンテ スタイル64 2018SS SPRING CHECK SHIRT GIANNETTO(ジャンネット)サブ画像3

ライトグレーを意識した下半身に欠かせないのが、グレー系のスニーカー。スポーティさのなかに品が生まれるのがポイント。ここで選んだDIADORA<ディアドラ>の「エリート」は、同じグレーながらも、スエードやパンチングレザー、ナイロンなど、素材を切り替えることで、さらなる表情を与えている。こうしたスニーカーを選べるのも、審美眼といえるだろう。

記事カテゴリー スタイリング

COPYRIGHT (c) TOYODA TRADING co.ltd.