2017/11/28(火)

ジェンテ スタイル57 2017AW KNIT OUTER_1, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

ジェンテ スタイル57 2017AW KNIT OUTER_1, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

ジェンテ スタイル57 2017AW KNIT OUTER_1, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

STYLE-57

RELAX KNIT OUTER_1

羽織るだけで即OKな、全方位的好印象カーデの秘密

『人は見た目が9割』??竹内一郎氏が著したベストセラーのタイトルだ。なかなかショッキングなタイトルなのだが、内容は極めて実際的で、主に非言語の情報伝達について記されている。 特に注目したい記述は、「人間が伝達する情報の中で、話す言葉の内容そのものが占める比率が7%程度」というもの。 その他の項目を挙げれば「表情は55%」ということで、視覚的な情報が与える印象が大きいことがよくわかる。 この著書以外にも「見た目の大事さ」を説くものが多いのは、社会がその認識を共有している証左。 何より、実際問題、僕らは「見た目」を随分と気にしているしね。
つまり、それはあながち間違いじゃないってことで「見た目道」を邁進したい。 で、ビジネスならば、スーツやジャケパンを押さえておけば無難なのだが、ことリラックスしたい休日のカジュアルとなると事情は異なる。そう、ゆるさと清潔感のバランスが難しいのだ。
逆を言えば、見た目の好印象が手軽に入手できたら、それに越したことはないよね。 そんなゆるさと清潔感のバランスを一枚で取ってくれるのが、ショールカラーニットってわけ。
ざっくり編まれたカーディガンのリラックス感??着心地も良くて暖かい??と、同時にショールカラーの首回りがジャケットのような体裁で、ちょっとかしこまって見えるのだ。 一枚羽織っているだけで印象がアップする。 ただ、選びも肝心であることを強調したい。質の悪いものだと、毛艶もなく、毛玉も出来やすい。 よれよれのニットは清潔感とはまるでかけ離れてしまう。
そんな問題を機にすることなく推奨できるのが、CILCORO 1901<チルコロ 1901>のこちら。上質なウール100%の心地良さ、毛艶の良さを備えているから、ただでさえ清潔感のあるオフホワイトが、とっても眩しく見える。 さらに、ヘリンボーン風の編み柄でちょっとしたヒネリを効かせているから、個性的に見えるのもいい。
インナーは、普段どおり、ラフな白シャツとジーンズ、ローファーで構わない。 むしろ自然体な感じが好感度を高めてくれるだろう。
少し服飾的なことを言えば、トラッドなアイテムを着崩した雰囲気ともいえる。 そう考えれば、慣れ親しんだテイストで、こうもいい感じになるんだから、採用しない手はないだろう。  さあ、見た目を整えたら、残りの1割である「中身の精進」に勤しもう!

インナーにはカミチェリア、GIANNETTO<ジャンネット>の白シャツを

  • ジェンテ スタイル57 2017AW KNIT OUTER_1, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

ヘリンボーン風の編み柄に木製のボタンが、優しい印象を高めてくれるCILCORO 1901<チルコロ 1901>のカーデは、フロントを閉じるときちんと感のほうがが増してくる。そこにインしたいのは、カミチェリアが作るきちんとしたシャツだ。その点GIANNETTO<ジャンネット>は、「餅屋の餅」。オックスフォードの生地は、トラッドな全身に見事マッチ。ジャケットのVゾーンでも、自慢のカッタウェイカラーが、イタリアンなエレガンスを醸し出してくれるのだ。

名脇役デニムは、NINE:IN THE MORNING<ナイン:インザモーニング>で

  • ジェンテ スタイル57 2017AW KNIT OUTER_1, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

主演男優賞がカーディガンなら、助演男優賞がこのジーンズ。馴染みすぎて主張こそしないが、このNINE:IN THE MORNING<ナイン:インザモーニング>のストーンウォッシュジーンズは、ストレッチが効いており、はき心地は最高。さらに、ゆとりのある腰回りから裾に向けてのテーパードシルエットが、モードな風情も醸し、スタイリッシュに見せてくれる。裾上げをほぐした加工も、こなれ感を演出。一本持っておいて損はないだろう。

トラッドに締めるOFFICINE CREATIVE<オフィチーネ クリエイティブ>のコインローファー

  • ジェンテ スタイル57 2017AW KNIT OUTER_1, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

トラッドライクにまとめたいからOFFICINE CREATIVE<オフィチーネ クリエイティブ>のコインローファーが必須。アッパーのレザーに、味わい深い色ムラ加工を施したヴィンテージフィーリングの一足。1995年にデザイナーのロベルト氏が立ち上げたイタリアンブランドらしい、正統派ながらも色気のある木型が特徴的。素足に合わせるだけでも、軽快さのなかに、ちょっとしたセクシーさが加わるのだ。

記事カテゴリー スタイリング

COPYRIGHT (c) TOYODA TRADING co.ltd.