OFF JACKET STYLING_2

ジェンテ スタイル56 2017AW OFF JACKET STYLING_2, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

ジェンテ スタイル56 2017AW OFF JACKET STYLING,_2 GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

ジェンテ スタイル56 2017AW OFF JACKET STYLING_2, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

STYLE-56

OFF JACKET STYLING_2

TPOを問わない、ジャケットスタイルの現代解釈

改めて言うまでもないが、基本的にどこで何を着ようが服装というものは自由である。 ただし、社会的に必要に応じて装いを変えているのが実際のところ。 いわゆるTPOというやつね。 いつ? 誰と? どんなときに? とまぁ、分別のある大人ならば、自然と行なっているものだ。 仕事やフォーマルならば、より社会的に明確なコードに従えばよいのだが、こと休日のカジュアルとなると、自由すぎて困ってしまう人もいるんじゃないかな?
服飾史家の中野香織さんは、著作「モードの方程式」のなかで、「暗黙のドレスコード」を「誰かが指定するわけでもないのに、成員が自発的に編み上げるとしか思えないコード(掟)」が、「およそソサエティのあるところ」に存在することを指摘している。 例えば、授業参観だったり、友人宅のパーティだったり、同窓会だったり。
そうしたコードから、間違いなく逸脱をきたさないアイテムが「ジャケット」という結論に至ることに異論はないだろう。 とにもかくにも、まあ、なんとかなるのだ。 休日の装いの筆頭格、Tシャツ&ジーンズに、さらりと一枚、というのも全然OK。
そこは休日。 やはり窮屈なのは御免被りたい。 ということで活躍必至なのが、CIRCOLO1901<チルコロ1901>のジャージージャケット。 ストレッチが効いていて楽チンでありながら、細かな起毛感が優しくエレガンスを醸してくれる一方、スウェットのようなメランジ調のグレーについては、まるでパーカを羽織るような感じでカジュアルでもある。
実は、昨今こういったアイテムは主流。 ここでは、とりわけ新鮮味を醸せる着こなしを伝授したい。 同じくCIRCOLO1901<チルコロ1901>の長袖Tシャツに、NINE:IN THE:MORNING<ナイン イン ザ モーニング>のルーズなデニムにくだんのジャケットをさらりと羽織る。 ここに、今年トレンドとなるだろうチェックシャツを腰に一巻きしてアクセントとするのだ。 ジャケットと同じグレーベースなら、さりげなさも加わるというもの。
さしずめ、ジェームズ・ディーン・ミーツ・カート・コバーンといったところか。 新旧のスタイルアイコン両名が現代に蘇り、「暗黙のドレスコード」に従う際には、こんな着こなしをしたんじゃないか、なんて、思わず想像の羽を広げてしまう。

リラックスしながらもかっちりなCIRCOLO1901<チルコロ1901>のジャケット

  • ジェンテ スタイル56 2017AW OFF JACKET STYLING_2, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

打ち込みのしっかりしたジャージー素材のジャケットは、CIRCOLO1901<チルコロ1901>謹製。 イタリアはバーリに本社を構えるテキスタイルカンパニーが展開するコレクションゆえに、素材感が抜群にいいのだ。 イタリアンブランドらしく流麗なラペルの返りや、肩のシルエットなど、アンコンの仕上げなのにエレガントに仕上がっている。 インナーも同社の長袖Tシャツ。 肌触り抜群のこちらは、カットソーライクに着用したい。 アクセントとなるのが、黒縁メガネ。ジェームズ・ディーンよろしく、Tシャツ&ジーンズに好相性となる

加工のなかに清潔感がある稀有なナインインザモーニングのジーンズ

  • ジェンテ スタイル56 2017AW OFF JACKET STYLING_2, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

全体に淡いトーンに仕上げているNINE:IN THE:MORNING<ナイン イン ザ モーニング>のジーンズもジャケットスタイルのなかでは、ハズしの効果をもたらしてくれる。 シームのアタリや、膝のリペア加工、裾をほぐした加工など、ユーズド感が満載ながら、カラートーンが爽やかなので清潔感さえ漂っている。 シルエットは、腰回りにゆとりのあるテーパードスタイルで、トレンド感が加わる。 腰に巻いたチェックシャツは、GIANNETTO<ジャンネット>のライトネルシャツ。 シャツファクトリーが作るエレガントな仕上がりは、インナーとして着用してもよく似合う。

オフィチーネ クリエイティブの黒プレーントウが都会的に引き締め

  • ジェンテ スタイル56 2017AW OFF JACKET STYLING_2, GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901)NINE INTHE MORNING(ナインインザモーニング),OFFICINE CREATIVE(オフチーネクリエイティブ)

ジャケットを羽織っているとはいえ、ベースはTシャツ&ジーンズ。スニーカーでも相性は良さそうだが、ここは、主張が少なく都会的な印象にまとまるプレーントウをおすすめしたい。 着用したのは、OFFICINE CREATIVE<オフィチーネ クリエイティブ>。 アメカジテイストを盛り上げつつ、大人らしさをプラス。 裾上げをほぐしたような加工のジーンズともコントラストが生まれる。

OFF JACKET STYLING_1

ジェンテ スタイル55 2017 OFF JACKET STYLING,GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901),DIADORA(デイアドラ)

ジェンテ スタイル55 2017 OFF JACKET STYLING,GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901),DIADORA(デイアドラ)

ジェンテ スタイル55 2017 OFF JACKET STYLING,GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901),DIADORA(デイアドラ)

STYLE-55

OFF JACKET STYLING_1

セットアップ服に見る「エフォートレス」の極意

人間というのは欲張りなもので、最小限の努力で最大の効果を得ようとするフシがある。 試しに「最大限 最小 効果」というキーワードでネット検索をかけると、概ねビジネスや経済に関するトピックスがヒットした。 そりゃそうだ。 誰だってなるべく労力をかけずに儲けたいもんね。
そんな考えがファッションにも広がっている。 「エフォートレス」なんて言葉、耳にしたことはあるだろうか? 努力をせず、軽々とやってのける、なんて意味で、肩肘張らず気軽に取り組める着こなしのこと。 え、なんだって?  俺たちはこれまで、雑誌を読んで、ショップに通って、努力の結果身につけてきたものを「センス」と呼んで、拠り所にしてきたんだ、それを「エフォートレスに」なんて不届きな。 なんていう声も聞こえてきそう。 まあまあ。楽してキマるならいいじゃない。
エフォートレスの急先鋒がセットアップコーデだろう。 上下が共生地でジャケット&パンツが主体。インナーはTシャツであっても、足元がスニーカーであっても、コーディネートにあれこれ思案することなく、見た目キマってしまうわけね。 こういうスタイルは、ちょっとでかけたい休日にうってつけ。 特にどこへ行こう、なんて決めてない街中だと最高に使える。 急にかしこまった場所に行こうと思っても対応できるから。 とりあえず、で、セットアップを着ればいい。
特に今季的な新鮮味を出すなら、GIANNETTO<ジャンネット>のセットアップはおすすめだ。 トレンドと目されているコーデュロイが、大人の落ち着きを見せてくれる。 休日ならば、やっぱり気取らないインナーで。 そこには、CIRCOLO1901<チルコロ1901>の長袖Tシャツを。 実は、この長袖Tシャツはさりげないヒットアイテムで、ストリートの香りをまとわせながら、上品なカットソーにも見える優れものだ。 足元はDIADORA<ディアドラ>のスニーカー、頭には、GIANNETTO<ジャンネット>のニットキャップ。 これなら、セットアップで起こりがちな「キメすぎ」感も皆無というわけ。 セットアップを選ぶという最小の努力で、気軽に最大効果を得る「エフォートレス」の極意。 こちらのスタイルで堪能してみては?

着心地にもこだわったGIANNETTO〈ジャンネット〉のジャケット&CIRCOLO1901〈Tシャツ〉

  • ジェンテ スタイル55 2017 OFF JACKET STYLING,GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901),DIADORA(デイアドラ)

セットアップながらも硬すぎないのは、ベースのコーデュロイにウォッシュがかかっているため。それでも打ち込みの強い生地なので、くたびれ感はなく、ほどよくリラックス感を与えてくれる。もちろんイタリアンブランドのGIANNETTO<ジャンネット>ゆえに、一枚仕立てでもシルエットは美しく、ボタンを開けても綺麗なラインに。付属のラペルピンもうれしいポイント。インナーは、CIRCOLO<チルコロ>のロングTシャツ。ストレッチも効いており、着心地も抜群だ。

同じく起毛したスエードによるDIADORA〈ディアドラ〉のスニーカー

  • ジェンテ スタイル55 2017 OFF JACKET STYLING,GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901),DIADORA(デイアドラ)

パンツはノータックながらも、緩やかなテーパードが旬をしっかりとキャッチ。 足元には、同じネイビーのスニーカーを。 スエードアッパーがクラシカルな、DIADORA<ディアドラ>の一足。 スポーティな雰囲気を醸しつつ、大人のセットアップに色気まで与えてくれる。 セットアップのコーデュロイとスニーカーのスエードは、同じ起毛素材。 その点において、色だけでなく、素材にも気遣う洒落感が、ここでは醸し出されている。

GIANNETTO<ジャンネット>のニットキャップがヌケを生む

  • ジェンテ スタイル55 2017 OFF JACKET STYLING,GIANNETTO(ジャンネット),CIRCOLO1901(チルコロ1901),DIADORA(デイアドラ)

アクリル&ウールのニットによるワッチキャップは、セットアップのきちんと感にストリートなヌケを与えるハズし小物。コーデ全体をネイビーでまとめているので、合わせてこちらもネイビーに。イタリアンブランドのGIANNETTO<ジャンネット>謹製となる上質な一品は、大人のスタイルにぴったり。ちょっと深めに被るのがポイントとなる

JACKET STYLING_2

ジェンテ スタイル54 2017 AUTUMN JACKET STYLING,L.B.M.1911ジャケット,L.B.M.1911ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,BRIGLIA(ブリリア)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

ジェンテ スタイル54 2017 AUTUMN JACKET STYLING,L.B.M.1911ジャケット,L.B.M.1911ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,BRIGLIA(ブリリア)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

ジェンテ スタイル54 2017 AUTUMN JACKET STYLING,L.B.M.1911ジャケット,L.B.M.1911ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,BRIGLIA(ブリリア)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

STYLE-54

JACKET STYLING_2

アンサンブルのベスト一枚で輝くノータイスタイル

いわゆる高度成長期に現役バリバリだったビジネスマンからすれば、仕事着としてノータイがここまで市民権を得るなんて想像だにしなかったろう。 それには、やはり2005年に環境省主導で始まったクールビズの登場は大きい。 何と言っても、お上が「ネクタイ不要」と声を挙げたのだから。 当時、日本で火が着き始めていた「クラシコイタリア」ブームも手伝って、台襟の高いシャツと合わせた「センツァ・クラバッタ(=伊語でノータイの意味)」なるスーツ&ジャケパンスタイルがかなり幅を効かせていたのも、今は懐かしい。結果、タイのないスタイルが、お洒落に変換されたわけで。 その後も、アパレル各社やショップ、男性ファッション誌の提案もあって、男のビジネスウェアは、かくも多様になりけり。
まぁ、当時も、ヨーロッパではシャツ=下着だから、タイをせずにジャケットも羽織らないのは、パンツのまま外出するのと同じだ! なんていうクラシカル主義者もいたんだけどね。ともあれ、そう考えると、我々日本のビジネスマンは、イギリスとイタリアに感謝してし過ぎることはない。
さて、そんな英国的な紳士らしさとイタリア的自由さをミックスしたのが、こちらの装いといえるだろう。LBM1911<エルビーエム1911>のジャケットに、共地のベストを合わせることでクラシカルさを加えたダンディなジャケパンスタイルだ。
ポイントは3つ。 一つ、タイをしないことで間延びするVゾーンが、ベストを加えると途端に引き締まる。 一つ、あえてスリーピースではなくパンツを別布のタイプにすることで、オッドトラウザーズのような楽しみができること。つまり、コーデに奥行きが生まれるのだ。 一つ、いつものジャケパンにベストを加えるだけなので、スリーピースのかっちり感に抵抗がある人にもいい。 気張らずに気取れる、といったところか。
ノータイのジャケパンスタイルが着こなし上、うまくいかない人には、うってつけなのだ。 あ、そうそう、この時期の防寒にもベストはおすすめ。 ウォームビズという点でも効果があるのを、お忘れ無く。

イタリア生まれのL.B.M.1911<エルビーエム1911>らしいアンサンブル

  • ジェンテ スタイル54 2017 AUTUMN JACKET STYLING,L.B.M.1911ジャケット,L.B.M.1911ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,BRIGLIA(ブリリア)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

アンサンブル使用が可能な、LBM1911<エルビーエム1911>のジャケットとベスト。ウールをベースにポリエステルとナイロンを混紡し、ツイードのような風合いと軽くて丈夫な扱いやすさを獲得。重ね着を考慮した作りに。インしたGIANNETTO<ジャンネット>のオックスフォードシャツは、カッタウェイカラーにより、ノータイで第一ボタンを開けた時に、Vゾーンで存在感を醸し出してくれるのがうれしい限り。ブラウンと白で上品なカラーコーデとなっている点も注目。

出張などでも活躍する3WAYブリーフとともに

  • ジェンテ スタイル54 2017 AUTUMN JACKET STYLING,L.B.M.1911ジャケット,L.B.M.1911ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,BRIGLIA(ブリリア)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

無理なくかっちりできるから、出張時には活躍まちがいなしのベステッドのジャケパン。 パンツは、BRIGLIA<ブリリア>の、ライトフランネル。ミディアムグレーがほどよい、細身のタイプで、抜群のエレガンス。また、BONFANTI<ボンファンティ>のバッグがすぐれもので、レザーと高密度ナイロンをコンビ使いしたエレガンスとともに、3WAYの高機能 。 ブリーフ、ショルダー、バックパックと半化する上に、トロリーオンも可能。2つのコンパートメントは、分けて入れたいオーバーナイターとしても活躍必至となる。

OFFICINE CREATIVE<オフィチーネ クリエイティブ>のプレーントウシューズ

  • ジェンテ スタイル54 2017 AUTUMN JACKET STYLING,L.B.M.1911ジャケット,L.B.M.1911ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,BRIGLIA(ブリリア)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

ジャケパンながらかっちり感を出した服装に合わせるのは、OFFICINE CREATIVE<オフィチーネ クリエイティブ>のプレーントウ。ジャケット&ベストのブラウンを拾って、ブラウンをチョイス。ツイーディな素材感に合わせて、味わい深いムラ感を持つアッパーの仕上げが絶妙。それでいて、張り込まれたラバーのアウトソールも相まって履き心地が抜群。ビジネスマンにはありがたい一足

JACKET STYLING_1

ジェンテ スタイル53 2017 AUTUMN JACKET STYLING,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ジャケット,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,CIRCOLO1901(チルコロ1901)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

ジェンテ スタイル53 2017 AUTUMN JACKET STYLING,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ジャケット,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,CIRCOLO1901(チルコロ1901)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

ジェンテ スタイル53 2017 AUTUMN JACKET STYLING,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ジャケット,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,CIRCOLO1901(チルコロ1901)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

STYLE-53

JACKET STYLING_1

字義どおりに「装えて」しまう、スリーピースの正体とは?

「装う」—— この単語は、外見を飾り、整えるという意味を持つ。 だから、もちろん衣服を纏って身なりを整える意味を第一義とするが、その一方で、平静を装う、犯人は客を装って……など、実際はそうでないのに、いかにもそうであるかのように振る舞うことまでを意味する。 そう考えると、確かに、第一義の「装う」にしたって本質は同様で、ある程度本当の自分を、今時の言い方をすれば「盛る」ということに近いのかもしれない。 服を着るということは、この人はサラリーマンだな、とか、大工さんだな、とか、駅員さんだな、とかいった記号性を持つわけで、実際の人間性に一つの「ガワ」を纏わせていることに違いないのだから。
なんてことを、考えさせられてしまうのが、こちらのスリーピーススタイルなのだ。
なぜって? 一見するとブリティッシュな香り漂うホームスパンのツイード生地だもんね。 そりゃそうだ。 ところがさにあらず。 実は、なんとこちら、リアルな質感のホームスパン柄をプリントしたスウェット生地からなるスリーピースセットアップなのだ。
まんまと騙された。 仕掛けたのは、スウェット使いを得意とするイタリアンブランドのCIRCOLO 1901<チルコロ1901>。 独自に開発をしたストレッチ性&保温性が高いスウェット生地だから、スリーピースで着ていても相当に楽チン。 スリーピースといっても、セットアップ可能な単品なので、それぞれをバラに活用したってOKだ。
コーディネイトを見ると、GIANNETTO<ジャンネット>の白シャツ&同系色プリント柄ウールタイのVゾーンをイン。 さらに足元には、OFFICINE CREATIVE<オフィチーネクリエイティブ>のプレーントウを合わせており、見た目には相当クラシカル。 でも、その実はとっても着心地が良くて楽チンという算段。
周囲には、ビシッとお洒落な風情を「装い」ながら、その実ちょっと肩の力を抜いている。そんな頭脳プレーが、このコーディネイトなら可能。
じゃあ、ついでに「仕事ができる」感まで「装える」かって? そこはもちろんあなた次第。 でもまぁ、仕事については「装う」ことなく、精進しますかね。

グレーを軸としたワントーンが、クリーンな印象に

  • ジェンテ スタイル53 2017 AUTUMN JACKET STYLING,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ジャケット,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,CIRCOLO1901(チルコロ1901)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

着用したCIRCOLO 1901<チルコロ1901>のジャケット、パンツ、ジレは、共生地を使用しているために、セットアップ可能という3点。 ジャケットはすっきりとしたシルエットで型崩れしにくいのが特徴。 このところのトレンドでもあるアンコン仕立てでリラックス感も高い。プリントのスウェット生地が持つストレッチ性と、高い保温性も魅力的。 ツイードとまではいかないが、十分暖かくしのげる。 合わせたアイウェアは、PERSOL<ペルソール>のブロ〜タイプ。 これで知性をさらに「装う」?

一枚でも輝くCIRCOLO1901<チルコロ1901>のジレ

  • ジェンテ スタイル53 2017 AUTUMN JACKET STYLING,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ジャケット,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,CIRCOLO1901(チルコロ1901)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

もちろん、ジャケットを脱いでもきちんと感が変わらないのがジレの魅力。 襟なしでシンプルなフロントの仕立て。 背面はコットンのガーゼ素材を使用して、本式のジレさながらの作り。 ジャケットやパンツ同様の素材ゆえに、窮屈感がないのが魅力。 Vゾーンには、GIANNETTO<ジャンネット>の白シャツ&同系色プリント柄ウールタイを合わせて、トーン・オン・トーンを構築。大人の落ち着いた風情に仕上がっている。

クラシカルさをモダンに昇華するテーパードシルエットのパンツ

  • ジェンテ スタイル53 2017 AUTUMN JACKET STYLING,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ジャケット,CIRCOLO1901(チルコロ1901)ベスト,GIANNETTO(ジャンネット)シャツ,CIRCOLO1901(チルコロ1901)パンツ,OFFICINE CREATIVE(オフチネクリエーティブ)

ここに合わせたCIRCOLO1901<チルコロ1901>のセットアップパンツは、2タックのテーパードシルエット。 ゆえに腰回りにゆとりがありながらも、すっきりと裾に収斂する現代的なラインを描く。スリーピースでかっちりと決めながら、さりげないヌケ感を表現するテクニック。 さらに足元に合わせたOFFICINE CREATIVE<オフィチーネクリエイティブ>のプレーントウは、ブラックで引き締め効果あり。 ソールにラバーを貼ったはき心地のいい一足なので、スリーピースと相まって、快適なビジネススタイルに仕上がるのだ。